栞の時間

身近な「?」について調べてみました。

りんご病その症状は?簡単に出来る4つの予防法は?妊婦さん注意!

      2015/08/28

リンゴ病(伝染性紅斑)が都内で流行しているとして、

都は6/26に警報を発令しました。

患者数は 同年期の2.6倍です。

患者の約7割は6歳以下の小児で、

保育所や幼稚園、学校などに注意を呼びかけています。

 

そこでお子さんが感染する前に

簡単に出来るりんご病の予防法を4つ紹介します。

 

お子さんのほっぺ 赤くないですか?

sponsored link

リンゴ病

リンゴ病はウイルス性で、咳やくしゃみなどによって感染します。

飛沫感染ですね。

 

約10日の潜伏期間後、両ほおに赤い発疹ができて

その後熱など風邪に似た症状が現れます。

 

りんご病は、感染する病気なので

兄弟でりんご病になるという事もありますよ。

 

ワクチンなどはないので うがい・手洗いがとても大切です。

 

sponsored link

リンゴ病の症状は?

頬が鮮やかなりんご色になって発疹がポツポツ出ます。

これが一番の特徴です。
705b85656e80c4e88f51918a9c24a652.jpgリンゴ病出典:ウイズ矯正歯科
最初は発疹もまだらですが、

1~2日でレース状に腕、ふともも、おしり、おなかに広がっていきます。

 

 

発疹前には風邪の症状の発熱やせき、鼻水や倦怠感が出て

その5~7日後に赤い発疹が出るので

最初は軽い風邪だと思ってしまいます。

 

ほっぺが真っ赤のりんご病の発疹が出ると周囲も注意するのですが

当の本人は かかり始めの症状が軽いため

気が付かずに遊んでる場合が多いです。

 

 

ここで注意したいのは、

初期の風邪症状が出ている時が

ウイルスがたくさん潜伏してるので感染力が強いという事!

 

 

これでうつってしまうんですよ。

顔に真っ赤なな発疹が出る頃には、

りんご病のウイルスも活動も治まっているんですね。

 

 

リンゴ病にかかってしまったら

発疹が強く出ている時は痒みを伴うことが多いです。

直射日光や入浴で悪化する特徴があるので

外出は控えましょう。

 

あまりの痒さにこすると肌が荒れて治りにくくなったり

発疹が消えた直ぐは 運動や日光に当たることで

再び発疹が出ることもあります。

 

しっかりケアしてあげましょう。

リンゴ病を簡単に出来る4つの方法で予防しよう!

◆免疫力アップ

りんご病が大流行しても

りんご病にかかる子供とかからない子供がいますよね。

比較的に風邪やりんご病などのウイルス性の病気に強い子が多いです。

そこで免疫力アップ法で最も簡単な方法は

腸内環境を整える事です。

人体の免疫細胞の約70%が腸内にあるので

腸内環境を整える事が免疫力アップにつながるんですよ。

乳酸菌飲料やヨーグルト、食物繊維などを

日頃から積極的に取るといいですね。

◆マスクの着用

りんご病は飛沫感染や接触感染なのでくしゃみなどによって感染が拡大します。

一般的にりんご病の潜伏期間は、20日前後ととても長いです。

この潜伏期間の内は、ほとんど自覚症状がない為

どこで患者がいるか分かりません。

ですから予防のためにマスクを着用して飛沫感染を防ぐ事が効果的です。

 

特に注意するのは妊婦!

妊婦さんが感染すると、まれに胎児の異常や流産の可能性が高くなるので

患者との接触を避けるよう注意を呼びかけています。

外出時にはマスクを必ずつけて予防しましょう。

◆うがい・手洗いをする

ワクチンがないので うがい・手洗いをすることです。

りんご病は、飛沫感染だけではなく、接触感染もします。

そこで、うがい・手洗いを徹底する事が必要となります。

手洗いの際のポイントは、石鹸を良く泡立てて

指や爪などの細かい所もしっかり洗う事です。

指の間や爪の隙間などの細かい場所も丁寧に洗うように

お子さんと一緒に手洗いをしましょう。

◆患者との接触を避ける

りんご病は潜伏期間が長く、

しらない間に感染が拡大していきます。

りんご病の症状が現れた時には、

既に感染力が弱まっていると言われますが、

全く感染力が無くなるわけではありません。

ですから、外出を控えて

患者さんとの接触はしないようにしましょう。

まとめ

りんご病の子どもの看病をするママも感染する可能性があります。

大人のりんご病は頬の発疹が少ないのですが

全身に広がるケースが多いようです。

 

また手足や膝が曲げにくくなるという

大人特有の症状もあらわれます。

 

 

また妊娠初期は、流産や胎児水腫(たいじすいしゅ)を

起こすと言われているので妊婦さんは十分な注意が必要です。

胎児水腫は重い貧血症状で、胎内で赤ちゃんが水ぶくれになることです。

皮膚がむくんで、お腹や心臓周辺に液体が溜まり

心不全をおこす可能性が高くなります。

胎児水腫にかかると回復の可能性が低いと言われています。

ですからもし妊娠中や妊娠の可能性がある時は、

出来るだけ外出を控えるなど

りんご病患者とは接触しないようにすることが大切です。

 

 

あるいはお母さんが妊娠中で

子供がりんご病にかかってしまった場合もありますね。

そんな時は直ぐにかかりつけの産婦人科に相談してください。

sponsored link

 - 健康, 妊娠・出産 , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

082245
なんとなくだる~い春。これって「春バテ」?

三寒四温 毎年この時季になると、寒暖差で体調を崩す人が多いですよね。 spons …

064577
しつこい便秘の人は落下腸?落下腸チェック?治すマッサージ方法は?

しつこい便秘は腸の位置がズレていた事が原因って知っていましたか? 「国立病院機構 …

e7d477b4246fa547e72c2976eb47553d_s
花粉症は乳幼児もなるの?お散歩の時の予防法は?この症状に注意!

乳幼児のお散歩 春になると気をつけなければいけないのは 花粉症ですね。 &nbs …

277304
インフルエンザ予防接種の値段はなぜ違う?医療機関の裏事情とは?

今年も寒い冬が近づき インフルエンザのシーズンがやってきました。   …

047572
花粉症の秋の原因は何?鼻水や鼻づまりを軽くするには?咳や喉には?

秋になると あの厄介な花粉症の季節になります。   鼻水はズルズル、喉 …

047572
花粉症が治る!薬がいらなくなるほど症状が軽くなった方法とは?

春は花粉症の人にとっては とっても憂鬱の時期ですね。   早い人はお正 …

6a574fb3ab79bb788fb5298b26fe1cfd_s
唇がカサカサ皮がむけてヒリヒリ!早く治す方法とやってはいけない事

この季節 唇がカサカサしますよね。 常にリップや口紅を塗っていないと最悪皮がむけ …

140302
インフルエンザにクレベリンが予防になる?効果はあるの?口コミは?

そろそろニュースでも インフルエンザの話題が聞こえてきます。   クレ …

e7cfa0d0acb0383471ac331d4e56e0eb_s
多汗症の手のひら対策!娘が治した方法とは?予防に効果的な石鹸は?

年頃になる私の娘は手汗がひどいです。   母親の私もその手で触られると …

d717fda9da88cf2d0deedeec963ab1f9_s
目が痙攣してピクピクが治らない時の治し方は?原因と簡単な予防法

まぶたがピクピクと痙攣したことがあります。   何でもない時にピクピク …