栞の時間

身近な「?」について調べてみました。

手足口の症状は?注意したい予防法は?大人が注意することは?

      2015/08/28

手足口病とは乳幼児らの手足や口の中に発疹が出る病気です。

 

毎年夏に流行が見られる病気ですが

今年は春先から患者が増え始めて患者数が倍増しています。

軽い症状で済むことが多いが、脳炎になるなど重症化することもあります。

sponsored link

手足口病増加!

手足口病とは夏風邪の一種です。

 

くしゃみなどの飛まつ感染や

ウイルスに触れた際に感染します。

 

5月から8月頃が流行時期ですが

今年は春先から患者が増加しています。

 

特に1歳から4歳までの乳幼児がよくかかる病気で

予防するためのワクチンや抗ウイルス薬などの治療薬はありませんが

多くは3~7日で発疹が消えて治ります。

 

sponsored link

手足口病の症状は?

症状は病名の通りで、口の中、手のひら、

足底や足背などに2~3mmの水疱性発疹が出ます.

 

 

発疹は水疱(水ぶくれ)になったり、

破れたりすることもあります。

2~3割の子供が38度以上の発熱も起こします。

 

他には

だるさ・口内炎、痛み・集中力の低下など

風邪に似た症状が出ます。

 

手足口病で注意したい予防法とは?

家庭でのケア・対症療法での注意点は

手足口病に特定の治療法や予防接種はありません。

 

予防法としては、風邪をひいている子供に

近づかないということになりますが、

ウイルスは鼻水や便の中に長期間(数週間)

出ますから完全に予防するのは難しいですね。

 

 

症状が軽い場合でも、口の中の発疹や口内炎が痛いので

水分補給が十分に取れない場合が多くて

それが原因で脱水症から熱中症を引き起こすこともあります。

少しずつでもこまめにお茶やスポーツドリンクを飲ませてください。

 

食事ではしみないように薄味にしたり

あまり噛まなくても良いように柔らかい物がいいですね。

またアイスクリームやプリンなどでもいいと思います。

 

夏場ですのでお風呂にも入りたいですよね。

ただ熱いシャワーは厳禁です。

水泡が潰れたときに感染の恐れもあるので湯船に入るのはやめて

温めのお湯でそっと流す程度にしましょう。

 

特に治療しなくても発疹は1週間以内には自然に治ります。

 

手足口病で大人が注意することは?

大人が注意してほしいことは子供のオムツ交換の時です。

 

交換するときに手指から感染することがあるので要注意です!

 

発疹などの症状が消えた後も3~4週間は

大便にウイルスが含まれることがありますので

トイレの後は流水とせっけんで

しっかり手洗いをすることが大切です。

 

またタオルの共有は止めましょう。

 

 

今年は手足口病の他にリンゴ病も流行しています。

詳しい記事はこちらをご覧ください。

sponsored link

 - 病気 ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

253512
インフルエンザと風邪の違いは?初期症状での見分け方は?

毎年必ず流行するインフルエンザですが 風邪とインフルエンザの見分けって 素人では …