栞の時間

身近な「?」について調べてみました。

読書感想文の書き方がわからない?小学校高学年はこんな書き方で!

   

夏休みの最大の難関は

読書感想文っていう人

多くないですか?

でもある1つを抑える事で

すらすら書けるコツがあるんですよ。

 

まだ本も買っていない人の為に

読みやすい本の決め方も紹介しています。

sponsored link

読書感想文の本はどうやって読む?

もう夏休みも終わりに近づきました。

なので読書感想文はサクッと仕上げましょう。

 

本を既に読み終わった人は

メモに

・感動したこと
・尊敬したところ
・すごいと思ったこと

など思ったことを

いくつか書き出してみましょう。

 

まだ本を読み終わっていない人は

読みながら

・感動したこと
・尊敬したところ
・すごいと思ったこと

などを書き出したり

付箋を貼り付けながら読みましょう。

 

そうすれば 要点が直ぐにまとまって

ページをめくって書きたいところを探すことがありませんよ。

sponsored link

読書感想文の書き方がわからない?

皆さん 本を読んで 感想はありましたよね。

 

読書感想文は「感想」を書くものなので

感じたことを書いていけば良いんです。

 

ここでやってはいけないことは

あらすじを書いてしまう事です。

あらすじをダラダラ書いては感想文にはなりませんよ。

読書感想文の書き方 小学校高学年はこんな書き方で!

では 次にあなたが「感じた」理由を考えてみましょう。

・表現のうまさ。
・昔の話なら 今では珍しい事だから
・登場人物の行動や性格はこう思う
・なぜ○○に感動したのか。
・主人公のこんなところがすごいと思った。

このように どうして どんなところに自分が感動したのか、

その「理由」を書く事が読書感想文の書き方のポイントです。

 

その続きとして

たとえば時代物なら昔と現在と違うところや

自分がその時代に生きていたら

なんて発想も面白いと思います。

 

そうして最後には作者が言いたかったことを

あなたが思ったように書けば

立派な読書感想文になりますよ!

まとめ

まだ読む本が決まっていない人は

出来るだけ自分が興味を持ってる傾向の本を選ぶと

読むスピードも感想も浮かんできやすいですよ。

 

課題図書はありますが

どんな本を読んでも構いませんので

サッカーが好きならサッカー選手の伝記や

あえて他のスポーツと比べるのも良いですし

動物が好きなら動物のことがいろいろ書いている本で

たくさんの発見があると思います。

まず お子さんに本の興味を持たせることが大切です。

sponsored link

 - 学習 ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

142417
夏休みの自由研究はこれで決まり!この体験は親子で楽しめる!

そろそろお子さんの自由研究 取り掛からないといけない頃ではありませんか? &nb …

Print
夏休み!自由研究の小学生高学年におすすめ!塩でこんな物が出来るよ

長かった夏休みももうすぐ終わりですね。 でもお子さんの自由研究終わってないという …

204183
夏休みの自由研究!小学生低学年が1日で出来る作品はこれ!

お盆も終わって 夏休みもカウントダウンですね。   やっと学校が始まっ …

Print
中学生の自由研究!1日で出来るものを紹介!簡単でおもしろい実験

夏休みも終わりを迎えようとしていますが 学校の宿題は終わりましたか? 中学生とも …

183024
読書感想文の宿題?小学校低学年の書き方は?コツはあるの?

夏休みももうすぐ終わりというのに 読書感想文が書けなくて 困ってるお子さん いま …

104940
中学生の読書感想文!1日で終わる書き方教えます!コツを掴め!

夏休みの宿題に 恒例の「読書感想文」があります。 何故か毎年後回しになって とっ …

088919
夏休み自由研究で低学年 1日で出来る簡単な工作飛び出すカード

夏休みの自由研究は毎年頭を悩ませる課題です。 あっという間の夏休みで もう時間が …

088919
自由研究!小学生低学年にはこれ!1日で出来るおもしろい実験を紹介

自由研究は毎年悩みの種ですね。   朝顔の色水で 絵を描くなんて冴えな …

img_why_extra02.jpgてんびん2
夏休みの自由研究小学生高学年では?1日で出来る水を使った実験

夏休みの自由研究の実験で サントリーでは水育として水を使った面白い実験を紹介して …

221503
夏休み自由研究!小学生高学年が1日で出来る作品はこれ!

お盆が過ぎて 頭を悩ましているのが お子さんの宿題や自由研究ではないでしょうか? …