栞の時間

身近な「?」について調べてみました。

端午の節句 五月人形はどちらの親が買う?次男の場合も買うの?

   

ひな祭りが終わると

今度は端午の節句。

 

男の子が生まれ 初節句を迎えるご家庭では

夫と妻 どちらの親が

五月人形を買うべきか話題になると思います。

 

今は時代も変わり

家族構成から住宅事情も変わっています。

 

最近では誰が買うかにも時代背景の変化がありますので

是非参考にしてください。

 

また次男や三男が生まれたときって

もう一つ五月人形を買うべきでしょうか?

 

そんな疑問にお答えします。

sponsored link

端午の節句の五月人形

初節句で五月人形やこいのぼりなど

かわいい孫のために

どちらの親も買ってあげたい気持ちは同じですね。

 

江戸時代 将軍に男の子が生まれると

玄関前に馬印(うましるし)やのぼりを立ててお祝いするようになりました。

 

やがてこの風習は武士だけでなく

広く一般の人々にまで広まっていったのが五月人形のはじまり。

 

現在は鎧兜が“身体を守る”ものから

交通事故や病気から大切な子どもを守ってくれるように

という願いも込めて飾ります。

 

そしてこいのぼりは、

とても生命力の強い魚で

その鯉が急流をさかのぼり

竜門という滝を登ると竜になって天に登るという中国の伝説から

子どもがどんな環境にも耐え

立派な人になるようにと

江戸時代に町人階層から生まれた

出世を願う飾りとなりました。

 

これが五月人形のルーツです。

sponsored link

端午の節句 五月人形はどちらの親が買う?

昔は嫁いだ娘や息子の親は

同居している舅と姑に遠慮して 孫が生まれても

直ぐに嫁ぎ先に遠慮もあって

孫にはなかなか会いに行くことが出来ませんでした。

 

でも孫や子供は元気に暮らしているか

いじめられてはいないか心配になります。

 

そこで考えたのが嫁ぎ先にお宮参りや

節句などのお祝いがあると

お祝いの品などを買いそろえて

それを口実に会いに行くようになったというわけです。

 

その慣わしから初節句の飾りは

実家の親が買いそろえる事が多かったのです。

 

端午の節句 次男の場合も買うの?

本来は長男の兜がある場合でも

次男のために用意するのが基本です。

 

その子の無病息災を願って飾っているものであり

人形はその子の身代わりにもなるといいますよね。

 

ですからそれぞれに用意するのが基本です。

 

しかし現在の住宅事情を考えると

飾る場所・保管する場所の事を考慮して

長男も次男も一緒のご家庭も多くなりました。

 

端午の節句の人形についてのまとめ

時代は変わり核家族も多く

舅や姑に気兼ねをする事も無くなったので

いつでもかわいい孫に会うことが出来るようになりました。

 

初節句に五月人形を買う場合も

その資金を親同士が折半して買ってあげるのも

普通になってきました。

 

また人形の購入は実家の親が

初節句の会食は嫁ぎ先がセッティングして招待するなど

バランスを取っているご家庭もあります。

sponsored link

 - こどもの日 ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

3cbd85991c97e59e7948a5611d67356a_s
こども日にちまきや柏餅を食べるいわれは?

童謡の「背くらべ」に   「ちまき食べ食べ兄さんが 測ってくれたせいの …

9776409ab7914231bcdcd460ccd7dab8_s
こどもの日に女の子もお祝い?こいのぼりを飾って祝って良いの?

こどもの日=男の子のお祝い って思っています?   いえいえ それは違 …

b5b3e01dca48a5fecce6dcd26a1be3f7_s
端午の節句とこどもの日の違いは?兜やこいのぼりを飾るわけは?

5月5日はこどもの日。 この日は端午の節句とも言われています。   そ …